どうすればバイナリオプションで勝てるか?


finergraphバイナリーオプションで一番よく知られているのが ハイ&ロー だと思いますが、それ以外にも様々な異なる特徴のある商品があります。例えばバイナリーオプションと呼ばれるのは元のレート価格から目標レートに届き維持できるかを予想し当たれば利益が出るという商品です。

ハイ&ローに比べ、勝率は低いのですが、その代わり買ったときの倍率が通常高く設定されているのがこの商品の特徴です。

このような形のもので利益が上げられるためには直近のボラティリティ(通貨の変動の幅)や動きを見極められる事が必要で少し上級になるかもしれません。

ボラティリティ即ち変動幅ですが、これが小さいと遠い価格のオプションには届きにくいと言う事になりますし反対に幅が大きい時には届く確立はもちろん上がります。

ですからこの変動幅が大きい時を狙ってチケットを買えば勝率が上がるではないか!と思うのは私だけではないようで、既に値幅が大きくなっている時に売られているチケットは倍率も低いのです。と言う事はつまりボラティリティが変動すると思われるとき実際に幅が大きくなる直前に購入するのが絶好のタイミングと言う事になりそうですね。

●ブレイクアウトと言うバイナリー必勝手法!

ではボラティリティーの急変をどのように予想するのか、と言う疑問が残っていると思います。私は変動幅の急変はサポート・レジスタンスを突き抜ける少し前に起こるようだと理解しています。これは、ブレイクアウトエントリーブレイクアウトエントリーなどとも呼ばれる手法で、サポートレジスタンスを突き抜けるとこれまで小さかったボラティリティが急に大きくなる事が実際に良くあります。ボラティリティーが大きいと言うのは、遠い目標レートに達しやすくなるのですから、勝率はぐっと上がると言えるでしょう。

それでも、ブレイクアウト手法自体は勝率50%だといわれているのが事実です。半分は負ける事を覚悟の上での賭けです。一度の勝ちで勝率の低さをカバーできれば、トータルで利益は上げられるわけですが、だからこそ倍率の高いバイナリーを購入できるかと言うのが大事になってくるのですね。

●売買の履歴からを観察し自分の傾向を知ろう

取引を記録すると言っても色々方法があると思いますが幾つか気を付けたいポイントをあげてみます。

  取引の手法をパターン化して明確に記録

  取引時間帯やその時のシーンを性格に記録

  チケット枚数を統一して記録する

トレードと言うマネーゲームに参加する際、自分が過去にした取引の記録をよく分析し、どのような場面にどのような手法が有効だったのか、または逆効果がでているのかといったことを把握する為の判断材料としましょう。記録データを少しでも読みやすくする為に「手法」「取引シーン」「ロット数」などを均一にするなど、工夫をしましょう。データを取る作業そのものもスムーズになりますよ。

取引を均一にしておくとトレードを繰り返すたびに この手法で勝てるか負けるかと言う事がはっきりとしたデータとして現れてきます。これが均一でないとデータが取れないので有効な工夫だと思います。